なんやかんやで、沖縄。

沖縄生活6年目。ゆるりと日常を綴っていきます。

南ちゃんのこと。

「観光客、オキカに不満 本土のカード使えず 相互利用に課題」

こんなタイトルが、琉球新報からの “のぼりネット配信” で、
Yahoo!ニュースに流れていた。
(百田先輩←大学の先輩。ご安心ください。私、N紙しか読んでません)

――――――――――――――
2014年10月に導入されたICカード「OKICA(オキカ)」は、
沖縄都市モノレールゆいレール)や本島バスでも利用できるようになり
県民にとって利便性が高まった。
一方、観光客からは「本土のICカードが使えない」などの不満の声が上が
っている。
――――――――――――――

私は、今、その沖縄都市モノレールゆいレール)に揺られている。

 

沖縄県は、日本屈指の!?車社会。
一家に一台ではなく、ひとり一台の世界。

オフィスの場所もあってか、うちの社員の9割が車通勤。
100台以上の駐車場を会社負担で借りている(なんて太っ腹な良い会社)。


そのため、ゆいレールに一度も乗ったことがない
というメンバーも多い。


ゆいレールは、オキカ導入と同時に、QRコード型の切符に移行。


この “QRコード型切符” の使いづらさは、
ジャスティン・ガトリン(9秒80)も、ビックリの金メダル級である。


「あら?人ってこんなに、機械に嫌われることが可能なの?」


と、言うくらい、とにかく、反応が鈍い。

100メートルに例えると、
ウサイン・ボルトなら、とっくにゴールテープをきっているくらい
のスタットダッシュの遅さ。
(2大会連続3冠おめでとうございます)


先ほども、見事に挟んでいただいた。
(毎回、ご丁寧にありがとうございます)

 

切符の吸い込み口は、ない。

QRコードを、画面にタッチ。
このタッチする面が、うまく合わないとエラー表示。
自動改札を通れないという仕組みである。

 

よって、

『お願い、タッチタッチ、ここにタッチ~♪』by ©岩崎良美

あだち充先生への著作権料が発生するのではないか)
と、不安になるくらい、
ご機嫌斜めの改札様が、QRを読み込んでくれるまで、
ひたすら、無言で、“タッチ” をし続けるのである。
さすがの南ちゃんも腱鞘炎になりそうである。


「OKICA(オキカ)」は、今後、タクシーやフェリーのほか
商業店舗などへの導入を検討しているそう。


Suica」「PASMO」等との相互利用もしてほしいが、
まずは、華麗なスタートダッシュがきれるよう、
ウサイン・ボルト型切符” でも開発していただきたい。


ゆいレールを利用して、那覇空港から、国際通り首里城等、
(一度は誰しもが行きたがる)メジャー観光地を巡ろうと計画中の方、
くれぐれも挟まれないように、ご注意ください。


ちなみに、南ちゃん、1968年生まれ(の設定らしい)。
今年47歳。
改札に挟まれたばっかりに、余計なことを知ってしまった。

・・・ショック。

 f:id:okinawaseikatsu:20150831123851j:image