なんやかんやで、沖縄。

2年の海外駐在を経て帰沖。沖縄生活7年目。ゆるりと日常を綴っていきます。

ヤスイヨのこと。

シンチャオ。

日本に帰任して以来、
約3ヶ月ぶりの東南アジア出張。
バンコクからシェムリアップ
シェムリアップからハノイ
そしてまたバンコクという3カ国行脚中である。

沖縄には、台風7号が襲来している中、
どうにか台風を避けて、予定通りの行程で、
今回の出張を終えられそうだ。
今、ハノイノイバイ国際空港で綴っている。


________________
発展著しい東南アジア。

たった3ヶ月、間を空けるだけでも、
事情は様変わりしている。

配車アプリの『Grab』。
カンボジアでは、首都プノンペンだけの展開だったが、
シェムリアップでもサービスを開始。
以前は、Cashのみの対応だったが、他国同様、
カード決済も導入され、キャッシュレスに。
今回、バンコクシェムリアップハノイで、
すべてGrabのお世話になった。
うーーーん、やはり便利だ。

ベトナム最大手のLCCである『ベトジェットエア』。
この秋、11月から、日本便が就航。
スーパーセールが相当リーズナブルだったこともあり、
続々とベトナム人の知人たちが来日予定。
ビザ発給の問い合わせ対応で、てんてこ舞いである。

ちなみに、ベトジェットエアは、
新航路の就航時、派手な演出をすることで有名な企業。
ハノイ関空便の就航時、例の水着ショー開催となるか、日本人男子は必見である。


________________
日本便就航の影響か。
今回、シェムリアップからハノイのフライトで、
初の日本人CAさんと遭遇。

「日本人の方ですか??」
と、CAさんから話しかけられ、
ハノイまでの1時間半のフライトの間、
あーだこーだと、世間話をする流れに。
ベトジェットエアのあの奇抜な制服を、
日本人CAが着ている姿は、
なんとも新鮮であった。

隣の席に乗客がいる場合、
その方に機内で話しかけられることが多い。
フランクというか、ご縁というか、
これが東南アジアというか、
連絡先、名刺などを交換して、
後日、またお逢いすることになる。

ベトナム駐在時代は、もちろん、今もなお。
今回、5フライトのうち、3フライトを終えたが、
バンコクシェムリアップ便で、
またもや、出逢いあり。
タイ人でも、カンボジア人でもなく、韓国の方。

某有名電機メーカー出張者の方で、
ベトナム駐在時代の話や、
最近のミャンマー事情の情報交換で盛り上がった。
ソウルに行く際は、またお逢いすることを約束し、
連絡先を交換した。


________________
韓国企業の海外進出が、際立つ。
ベトナムに駐在している日本人は、約15,000人、
韓国人はその10倍はいると言われている。

昨年アフリカ2カ国に出張に行った際も、
現地で見かけるのは、中国企業、韓国企業。
日本企業は、おまけ程度。

東南アジアを回っていても、
韓国語や中国語で、話しかけられることが多く、
「シャチョウサン」「ヤスイヨ」
などの日本語勧誘フレーズは、過去の遺物。

金払いは悪いが、サービスにはうるさい国民、
なんてイメージになりつつある。

電化製品は、韓国。
若者のトレンド、音楽、ファッションも韓国。
日本は、漫画、アニメw
車とモーターバイクが、まだ生き残っているくらいか。

日本の常識は、世界の非常識。
郷にいれば郷に従え。
譲れない部分とプライドは持ちつつも、
自身の柔軟性は失わずにいたいと誓いつつ。

再び、バンコクへ。
さて、隣の乗客は、どこの国の方ぞよ。

 

f:id:okinawaseikatsu:20180702120712j:image