なんやかんやで、沖縄。

沖縄生活6年目。ゆるりと日常を綴っていきます。

熟女のこと。

移動中。
何だか、朝からハイテンション。

新卒採用関連で、昨晩から沖縄県内中部入り。
夜に那覇戻りのつもりが、諸々、長引き、
力尽きて、急遽、ホテル篭り。

7時からの打ち合わせ(通称:コケコッコー)に向け、
沖縄の大動脈58号線を南下している。

普段お世話になっているタクシー会社が、
中部エリアには、あまり台数がなく、
この時間帯ということもあってか、
配車をかけるものの、捕まらず。

渋々、フロントでお願いした車に乗り込んだ。

今日のドライバーさんは、女性。

「○○から、○○を抜けて行きましょうね」

フロントの方のオススメだけあって、
とても感じが良い。運転の仕方も好み。
行き先を伝えたら、時間帯・道路状況などを加味し、
こちらがルートリクエストを出さずとも
最善の行き方を提示をしてくれた。

車内の温度、匂いも、適正。
(たまに、もの凄いオイニーのタクシーありません?)

一方的に、しゃべり続けるわけでもなく、
終始無言でもなく、
何となくのこちらの空気感で判断し、
それとなく、話し掛けてくださる。

ドライバーさん
 「この時間からお仕事ですか?」

私 
「あ、はい」

ドライバーさん
 「おつかれさまです」

私 
「お互いですね、おつかれさまです」

ドライバーさん
「え?わたし?」

私 
「この時間で、女性の方にあたるの珍しいので」


“南国の女性は、働き者。しっかりしている”
という、一般的なイメージがあるが、
沖縄の女性も、それに違わず。
勤勉な方が多い、と思う。

私の中の代表選手は、
24時間営業うちなー食堂のオバァー。
深夜から朝まで。
時には酔っ払いの相手もされつつ・・・。
ほんと、敬服。


ドライバーさん
「セレブじゃなくて、セレブゥ(←太目)だからさ」

働き者の女性の話から、
最後はなぜか、“熟女” の定義トークに。

● “熟女” って、名乗るのに体重制限あるの?
●ババァの丁寧語が、“熟女” ?
●オバァーは、なんて言うんだろ?“枯女” ? “老女” ?
●そもそも、“熟女” って、人から呼ばれるものだよね
●自分で自分のことを、“熟女” って言い出すと痛いよね
●そこが、“熟女” と “淑女” の違いなんだろうね
● “熟女” って言うけど、“熟男” って、言わないよね
●ジジィの丁寧語って、何? “ナイスミドル” ?


“ナイスミドル”

『これは、この時間にする話なんだろうか?』
と思いつつ、何気に、こういう話、大好物。
腹を抱えて、笑ってしまった。

“ナイスミドル” ならぬ、
“紳士” になれるよう、もっと、頑張ります。

f:id:okinawaseikatsu:20151105050108j:image