なんやかんやで、沖縄。

沖縄生活6年目。ゆるりと日常を綴っていきます。

時は金なりのこと。

下期スタートも怒涛。

 
東京から那覇へ戻り、
月末月初タスクをバタバタと消化。
 
ハンコくれーだの、早くこれ見ろーだの、
○○どうしますか?ーだの、
ワーワーと追っかけられつつ、
(だからいないって言ったじゃん)、
某雑誌取材で来沖中の女性ライターさん、
ベテランカメラマンさんと合流。
 
沖縄の最新観光スポット情報から、
今日は取材でひたすら、
沖縄そばとハンバーガーを食ったという話、
カメラマンの業界事情トーク、
最終的には、
『文字は、視覚に勝てるのか』
『想像力の欠如』
『行間を読むこと』
などの話で盛り上がりつつ、何軒か梯子案内。
 
お二人と別れた後、若手メンバーを引っ提げ、
今、那覇で最も勢いがあるであろう
某ステーキ店の2号店へ。
キッチンに立たれる社長に、
開店おめでとうございます的なご挨拶しつつ、
ガッツリ4人で、モーニングステーキ。
 
一旦オフィスに戻り、残タスクを処理。
急ぎ自宅で着替えて、朝便に飛び乗り、
いざ日帰り、我が都・京都へ。
『もしかして口から産まれてきたんじゃない』
というくらい、母校で短時間捲したてて喋り倒し、
再び、那覇空港である。
イマココ↑
 
 
まいど、移動中の機内では、
本を読むことに専念できていたが、
ここのところは、
睡魔と執筆時間確保のせめぎ合い。
 
いかんせん、Wi-Fiも、
繋がるようになってしまったので、
メールチェックや、
の各種スケジュール調整、
の各種問い合わせ対応も加わってきて、
なんやかんやで、あっという間に、
目的地へ到着してしまう。
 
さらに、空いている便だと、
「何かお飲み物をお持ちしましょうか」
「コーヒーはいかがですか」
「キウイジュース、お飲みになりますか」
と、
『そんなに、喉カラカラのオッサンに見えます?』
と、聞きたくなるほど、入れ替わり立ち替わり、
作り込んだ笑顔のCAさんがやってくるので、
「集中したいの」
「ほしけりゃ呼ぶから、Please leave me alone!」
状態になる。
 
 
昨晩、ちょうど、
ある大将とこんな話をしていた。
 
ーーーーーーーーーー
主役は、お客様。自分ではない。
こちらからの余計な薀蓄提示はいらない。
 
大事なのは、
“会話が止められる” だけのモノを
自分が提供できるかどうか。
 
どんな真面目な話、
内輪話で盛りがっていたとしても、
モノを口に運んだ際、
会話が止まる瞬間がある。
 
「うまっ」
「なんじゃこりゃ。おいし!」
「これって、何ですか?」
と。
 
そんな “生理反応” が、
垣間見られた時に喜びを感じる。
 
お客様の時間。
決してそれを奪おうとは思わない。
我々と時間を共有したい、
と思っていただけるモノを提供すること。
それが、私の仕事である。
ーーーーーーーーーー
 
これってすべての仕事に通ずることだなと。
 
Time is money.
時は金なり。
 
他人の時間を奪うという意識が低い人とは
一緒にいたくない、と思いつつ、
あまり詰め込み過ぎるのも、逆効果だなと反省。
 
 
今回の弾丸、唯一の戦利品。
餃子の王将』様からいただいた、トリプルセブン。
 
さすが、1号店(京都が発祥)。
変わらずの提供スピードに唸ってしまった。
 
下期もきっと、良いことある気がする。
 
f:id:okinawaseikatsu:20151003225231j:image