なんやかんやで、沖縄。

沖縄生活6年目。ゆるりと日常を綴っていきます。

衣替えのこと。

短パン・Tシャツ・島ぞうりビーサン)。

那覇市内中心部でも、
この格好で、堂々とウロウロできる。

「沖縄に来て良かったな」
と、思える点のひとつである。

銀座・赤坂・丸の内辺りでは、
何だか捕まりそうで、怖くてとても出来ない。


東京時代、季節を問わず、
スーツにYシャツ姿だったが、今、
スーツに身を包むのは、基本、冬の時期だけ。

これぞ、ザ・沖縄。
夏は、『かりゆしウェア』をフル活用している。
涼しい上、非常に、楽である。

昭和45年。
暑い夏を快適に過ごす、そして、
沖縄観光をPRするために『沖縄シャツ』
の名称で発売されたのが始まり、だそう。

名称が『かりゆしウェア
に統一されたのは、平成12年。
オッサンにとっては、割と最近に感じる。

銀行、スーパー、航空会社、
バス・都市モノレール職員さんなどなど、
夏場は、会社指定の『かりゆしウェア』が制服
という県内企業も少なくない。
もちろん、男性だけではなく、女性も着用する。

かりゆしウェア』イコール

●ハイビスカスやデイゴの大判花柄
●黄色や赤色の派手なトロピカルカラー

の、イメージがあると思うが、
実は、それほど厳格なデザイン・色等の制約はない。

沖縄県産であること
②沖縄らしいデザインであること

が、『かりゆしウェア』と名乗れる条件。

目印は『沖縄産 かりゆしウェア』というブルーのタグ。
沖縄県衣類縫製品工業組合が『かりゆしウェア
を証明するものとして発行しているらしい。


沖縄出張の際、
「現地に馴染むために、かりゆしを買った」
と、お聞きすることがある。

量販店等で安値の『かりゆしウェア』を購入すると、

●同じものを着た会社員と街で何度もバッタリ
●恥ずかしくて、互いに目を逸らす

という、
“かりゆしあるある” 状態に陥る可能性が高い。

よって、
かりゆしウェア専門店 or セレクトショップ
で、購入されることをオススメしている。
1着8,000円~15,000円くらいが相場。

かりゆしウェア』は、スボン・スカートに、
“シャツイン” しないのが基本スタイル。
あわせて、ご注意いただきたい。


『かりゆし』とは、沖縄方言で、
「縁起の良いこと」「めでたいこと」の意。
私は礼服を着るが、結婚式等のフォーマルな場でも
かりゆしウェア』が活躍。
喪服用の黒かりゆしも存在する。

ここ最近は、
『ぽろゆし(ポロシャツタイプ)』
というジャンルも登場し、
ますます、デザイン性・使用シーン等、
その幅は拡がる一方。

「今年も沖縄に夏がやって来たな」
と感じられる、ひとつの風景として、
かりゆしウェア』は、
しっかりと地元に根付いているのである。


そんな中、この季節「かわいそうだな」と思うのが、
灼熱の太陽のもと、沖縄の就活生が、
リクルートスーツに身を包んでいること。

“電車を乗り継ぎ、ガタンゴトン。
 Google先生・地図を頼りに、汗を拭き拭き歩き回る”

という、都内就活スタイルでなく、

“ここは沖縄、車社会。
 エアコンガンガン効かせてまっせ、余裕す!”

の、沖縄就活スタイルにしても、
なぜ、学生さんだけが、
リクルートスーツなのだろうか。疑問である。

20台前半。若々しさ、清潔さ、キラキラ感。
この時期の自分だけが持っているフレッシュさ、
個性を最大限表現できる格好をすれば良いのにな、と思う。
第一印象が悪くならない程度であれば、
スーツであろうがなかろうが、
私が面接官なら、そんなことはどうでも良い。
(さすがに全裸で来られては困るが)

県内企業の就職活動は、いっそのこと、
かりゆしウェア』に統一!
と、誰かが決めちゃえば良いのに、と思う。


沖縄にも『衣替え』はある。

つまり、
「沖縄って、年中、半袖なんですよね?」
の問いは、沖縄物価安い説同様、大きな誤解。

そこまで厳密なものではない印象だが、
一般的には、5月1日と11月1日が、沖縄の『衣替え』。
ただ、11月を過ぎても『かりゆしウェア』の方もいれば、
10月ですでに長袖になっている人もいる。

ちなみに、
長袖の『かりゆしウェア』も売られているが、
未だかつて、某県知事・ご年配の方以外、
街で来ている人を見たことがない。
(何なんでしょうね、この傾向)


沖縄が最も寒い時期は、1月~2月。
最低平均気温は、14℃前後。
10℃を下回ることはないが、冬は北風が強く、
体感温度はもっと低く感じる。

移住1年目。
今振り返ると、あれは何の意地だったのか、
私は、年間を通して半袖で過ごした。
が、翌年からは、10月に入ると早々と長袖に。

「2年目から、沖縄の冬は寒くなる」
これも “移住者沖縄あるある” のひとつである。


あぁぁぁ、今年も夏が終わってしまう。
10月以降に沖縄入りされる方、長袖をご持参ください。

 

f:id:okinawaseikatsu:20150918142338j:plain